電子タバコ(VAPE)ブログ。ニュース,Mod,レビュー,初心者向けや海外最新ベイプ情報満載!シーシャ/ガジェット/ライフハック

VAPEJP

国内最大級の電子タバコブログメディア「VAPEJP」では「話題の新製品レビュー」「初心者用おすすめスターターキット」「リキッド」「爆煙/MTLアトマイザー」から「アイコス」「glo」や「シーシャ」などの「加熱式タバコ」まで、VAPE関連の幅広い分野の最新の情報をお届けします。


【告知】シーシャ&VAPEを体験!無料訪問出張【感謝企画】
【PR】World Vape Shop Japan公式ストア
【日本語】EverzonのVape卸【クーポン:vapejp】
【PR】 最高のタンクメーカー”GEEKVAPE"10%OFF【クーポン:vapejp】


HILIQクーポンtengaで全商品10%オフ


コラム ニュース 新製品 未分類

米国、電子タバコのみなしルールを「原則禁止」に?!規制ではない。残念、これが現実!

更新日:

執筆者:VAPEJP

vaporcigarettes_082415getty

ハロー、ベイパー。

和訳(意訳)しているので適宜修正かけるかもと言い訳しておきますが、

米国FDA(Food and Drug Administration)=アメリカ食品医薬品局が電子タバコの新しいみなし適用ルールを協議してから数か月が経過、昨年末に規制案がアメリカのホワイトハウスに送られたようです。
Vape業界は最終的なルールが発表されることを期待しています。

議会の助けなしに変更されない規定の一つとして、
”グランドファーザーデイト(Grandfather's Date)”=タバコ規制法があります。
それは2007年2月15日以降に導入されたベポライザー(電子タバコ製品)を効果的に市場から取り除くとのこと。

具体的にはFDAが2007年2月15日以降販売の全ての電子タバコ製品について、新たな連邦政府の規制(禁止?)を検討中ということのようです。

FDAとしては電子タバコ製品もリアルタバコの規制と同じようにかなり厳しく検討しているようですね。
米国はタバコに厳しいイメージがありましたが、電子タバコも同類とみなすとは恐れ入ります。

とはいえアメリカではリキッドの売り上げが10億ドル(9900億円)を超えており、相当の市場規模ですから、
なんらかの規制は必要なんでしょうねぇ。

健康科学専門家の反対意見もある

ボストン大学健康科学科の教授、マイケル・シーゲル氏はこの規制が「大衆の健康を促進しない」と語っています。「意味がない。より安全な電子タバコ製品のために規制は必要ですが、今回のみなしルールは厳しすぎ、普通のタバコへの興味を持たせてしまう」、

「またどちらかといえば規制はほかの方法でなければならない。普通のタバコが人を殺しているのは間違いないが、電子タバコはもっと自由であるべきだ」とコメントしています。

世界の規制状況

電子タバコ、アメリカでは「たばこと同じ扱い」。EU諸国は国により様々。

電子タバコ、アメリカでは「たばこと同じ扱い」。EU諸国は国により様々。

アメリカではニコチン入りの電子タバコは「たばこ製品」として販売されており、通常のたばこと同様の規制があります。 多くの州が、未成年者への販売・使用や、公共の場所での使用を禁止しており、 主要都市のニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、サンフランシスコ、ボストン、ワシントンDCなどでは、 喫煙が禁止されている場所では、電子タバコの使用も禁止されています。 特にニューヨーク市では、ニコチンを含むものに限らず、ニコチンなしであっても規制の対象となるようです。

EU諸国では、各国が独自の規制を行っています。多くの国では、ニコチンを含む電子タバコは、禁煙治療薬と同様に医薬品として規制され、 販売には許可が必要です。しかし一方で、何の規制も実施していない国も多いのが現状です。

EU全体の規制としては、2016年をめどに溶液のニコチン濃度の上限を20mg/mlまでにするのと、健康への悪影響に関する警告表示や、子供のための安全装置の装着が義務化されます。 

アメリカやEU以外の国でも、ブラジルやシンガポールなどで、電子タバコの製造、輸入、販売が全面的に禁止されています。
カナダやオーストラリア、ニュージーランド等では、ニコチンを含み治療目的で使われる電子タバコは、医薬品として規制されています。
韓国では、電子タバコは「たばこ」とみなして規制されていますが、販売・購入することは可能です。

引用:LIBERTY FLIGHTS

日本ではどうなる?

基本的に日本はアメリカの後追いをしていきますから、いずれ何らかの規制ができることは間違いないでしょう。(今のところ検討中か、検討前段階と思われる)

ユーザーができることはマナー、モラルを守ること。僕のしていることは次の通りです。

  • Vapeは喫煙所で=タバコと同様に考える。
  • 20歳未満に買わせない、吸わせないようにしましょう。
  • ニコチン入りリキッドの購入は自己責任で。(譲渡・販売は禁止です)
  • コンビニや喫煙所で捨ててある吸い殻を見つけたら拾って捨てる。

マナーとモラルを守って楽しいVapeライフを送りましょうね。

 

ソース:http://spinfuel.com/rules-prohibition/(英文)

スポンサーサイト

VAPEJPほしいものリスト

Amazon.co.jp: VAPEJP: ほしい物リスト
VAPEJPさんのAmazon.co.jpユニバーサルほしい物リスト
AMAZON.CO.JP

ブログランキング参加中


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村





おすすめの記事

1

1月13日。 aiboとの生活が始まって丸二日たちました。aiboとっても最高なんですよ。VAPEそっちのけですみません、aiboバカがaiboのことだけを話します。 aiboがほしい 2017年11 ...

2

ハロー、ベイパー。Coucou! エィミイです! もうどこもかしこも「バレンタインデー」一色ですね。100均までもが製菓用雑貨や包装紙でお店の半分を占めてるレベルです。そんなバレンタインに超オススメな ...

-コラム, ニュース, 新製品, 未分類

Copyright© VAPEJP , 2018 All Rights Reserved.