【ビルド】簡単!コレを読めばあなたもビルド可能!初心者向けのRDA/RBA/RTA各種ビルド方法まとめ【シングル/デュアル/パラレル】 ~ VAPE JP

2016年10月6日木曜日

【ビルド】簡単!コレを読めばあなたもビルド可能!初心者向けのRDA/RBA/RTA各種ビルド方法まとめ【シングル/デュアル/パラレル】

DSC_1428

ハロー、ベイパー。

皆さんコイルは手巻きしていますか?それともまだ既成品コイル?
手巻きの楽しさはなんといっても自分で巻いたコイルでVAPEができるということ。
コイル自体の価格も安いですし、何より巻いたコイルで吸ったVAPEは美味しい!しかもプリメイドコイルよりコストもやすいときたら、手巻きするしかないでしょ!いつ巻くの?今でしょ!

というわけで今回はRDA/RBA/RTAでの各種ビルド方法を解説していきます。
まだまだ私も初心者レベルですが、温かい目で見守ってくださると幸いです。

ビルド別ショートカットメニュー

ビルドの準備
オームの法則について知っておこう
RTAビルド

2本ポストビルド
3本ポストビルド
4本ポスト紹介
ベロシティスタイルデッキ紹介
パラレルビルド
おまけ:ガンクの除去方法
関連
動画
ビルド道具購入

ビルドの準備編

コイルを手巻きする前にまず道具を一式揃えます。参考:2016年、Vapeを120%楽しむために必要便利な小物グッズたち

以下の道具を準備してください。道具はVAPE専用でなくても100均や手持ちのものを使えばOKですよ。

  • (あれば)オームメーター(ドライバーン台) (なければ)MOD本体
  • セラミックピンセット(細い・太い二種類あると望ましい)
  • プラスドライバー/マイナスドライバー/六角レンチ
  • (あれば)コイルジグ
  • ワイヤー
  • ニッパー
  • コットン切るハサミ

    DSC_1418

    左からドライバーン(オームメーター)台、コットンハサミ、セラミックピンセット(細/太)、プラスドライバー、コイルジグ、ニッパー、六角レンチ

    セラミックピンセットが2種類ほしい理由は、ドライバーン(後述)の際に太いものを、コットンを通す際に細いものがあるとやりやすいからです。

    オームの法則について簡単に知っておこう

    電圧=電流x抵抗、電流=電圧÷抵抗といった電気の法則です。

    コイルの抵抗値はオームで示されます。(ohm=Ω)

    ビルドで使用するコイルは、自分の巻き数や経で抵抗値を決めることができます。
    抵抗が低すぎると流れる電流が上がるため(電流=電圧÷抵抗)、使用するバッテリーと巻いたコイルによっては大きな電流が流れすぎて危険な状態になることもあります。

    電圧(V)・電流(A)・抵抗(R)・電力(W)はそれぞれ密接に関係していてこの内2つが決まれば残りは計算が可能です。例えば V(ボルト)とA(アンペア)をかけると=W数が算出できます。

    特にバッテリーの電圧をそのまま伝えるメカニカルModではこの法則は重要になってきます。(最大4.2Vから使用するにつれて電圧降下)

    ビギナーのうちは制御基盤が入っているテクニカルModでのビルドを強くお勧め致します。
    僕もまだオームの法則はわかっているようで分かってませんので、少しずつ慣れていくといいでしょう。
    参考:【初心者向け】メカニカルなんか使う必要ないぞ。テクニカルで生きていこう。 - 電子タバコ初心者のためのレビューブログ|VAPE BEGINNER電池の話の2 - Vape Gear
    でオームの法則と電池の性能面などについて詳しく解説されています。

    その他の公式

    電流 A=V/R  A=W/V
    電圧  V=A*R V=W/A
    抵抗  R=V/A
    電力 W=V*A W=V*V/R W=A*A/*R

    ビルド用語、巻き方種別

    • マイクロコイル・・・間隔をぴっちり詰めて巻く方法。一般的
    • 等間隔コイル・・・間隔を同じサイズに空けて巻く方法。
    • デュアルコイル・・・一個のデッキに2個のコイルを巻く。4つならクアッド、1つならシングルコイル。
    • ホライゾンタル(水平)巻・・・水平に巻く。一般的。 
    • バーチカル巻・・・縦巻き
    • パラレル…水平二重(並列)コイル。
    • 抵抗値・・・オーム。抵抗が低ければ低いほど電気がたくさん流れる=ミストが出る、高ければ高いほど電力消費が減り、ミストが減る(ざっくりですが)

    ここまで読んで、うぇ!っとなったあなた。大丈夫!ビルドの作業自体は簡単です。
    ビルドというのは基本
    「ポジティブ(+)」と「ネガティブ(マイナス)」にコイルの足を接触して固定するだけの作業なんです。
    安心してください。不器用歴数十年を誇る僕でもできてます
    コレを読もうというやる気のあるあなたにできないワケがない!

  • コイルアプリ

    FireShot Capture 50 - Cloud.Box - Google Play の Androi_ - https___play.google.com_store_apps_details

    コイルを巻く前に、狙いの巻数を計算してくれる便利なAndroidアプリがリリースされています。
    英語ですがなんとなく雰囲気でわかるんじゃないかなと。後述する「Colitoy」サイトのアプリ版です。
    「Cloud.box」をダウンロード(有料)
    サイト版:Steam Engine
    サイト版2:Coiltoy

    VAPETOOL(日本語あり)アプリあります。

    VAPE TOOL

    【便利情報】Android-iPhoneスマートフォンで使えるVAPEアプリ【コイルビルド-DIYリキッド作成-データベース】 で便利に使えるVAPEアプリをご紹介しています(日本語対応)

    RTAのビルド方法

    RTA(リビルダブルタンクアトマイザー)はタンク型でコイル巻きができるタイプのアトマイザーです。
    使うコイルワイヤーは最初は26G/28Gあたりが使いやすいです。

    自分の目標とする抵抗値(最初は0.5Ω以上)を目指して手巻きします。
    英語ですがCoil wrapping - Steam Engine - free vaping calculatorsを使うと目標抵抗値に対する巻き数が簡単に計算できます。

    例として26Gの11巻/2.5mm経/0.7Ω(目標値)のマイクロコイルを水平に巻きます。一般的には水平巻きを覚えれば問題無いです。

    なお当ブログではステンレスワイヤーをおすすめしています。
    強度がそこそこあり、形を治すのも楽ちんだからです。(それ以外にもいろいろメリットがありますが割愛)

    DSC_1424

    まずはワイヤーを適量カットします。10cm-20cmもあればたいてい十分です。

    DSC_1425

    DSC_1426

    コイルジグ(かドライバー)に巻いていきます。
    最初に書いた内径というのはコイルの輪っかの内部の口経サイズです。
    今回は2.5mmなのでドライバーで巻く場合は2.5mm経のものを使用してください。

    コツとして反対側のコイル先端を引張りぎみに巻いていくとうまくまけます。

    DSC_1427

    大体巻き終わりました。巻き終わったら形を整えるために両端を強く引っ張ってください。

    DSC_1428

    こんな感じに仕上がったら、足の長い部分をニッパーでカットします。

    カットが終わったらデッキに組み付けていきます。
    DSC_1429

    ドライバー/コイルジグにコイルを通したまま、2つのポスト(ネガティブ・ポジティブ)にコイルを通していきます。

    まずはどちらか一方のコイルの足をポストに通してください。

    ポストに通したらネジを片方は締めてしまいます。この時、コイルはまだ半分しか固定されていないため、
    反対側に動こうとします。ドライバー/コイルジグにコイルを通しておくのは形崩れとコイルの設置場所を固定するためです。

    DSC_1430

    もう一方の足もも通して固定します。 固定が終わったら、ポストの穴から出ている余分なワイヤーをニッパーでカットしてください。

    ここまでできたらあとはもうひと踏ん張り!

    MODかオームメーターにデッキを固定して、実際のオーム値を計測します。

    DSC_1440

    狙った値と違うのはよくあることです。気をつけなければいけないのはこの時ショートしていないかどうか。
    ショートは、コイルの足やコイルが本体に接触してしまっている場合や、コイルがうまく固定できていない時に起こります。

    また極端に低抵抗(0.1Ωとか0.2Ω)になってしまったり、高い抵抗になる場合はビルドが間違っているかもしれません。ビルドを見なおしてください。

    DSC_1423

    ドライバーン(コイルを過熱させる)をしてコイルが均一に赤くなるようにセラミックピンセットではさんでやったりします。(ホットスポットの除去) 次にコットンを入れていきます。

    DSC_1431

    コットンを適量切ります。

    DSC_1432

    切ったコットン。太すぎる場合は薄くはがしてサイズを調整します。

    DSC_1433

    先端にコヨリをつくって、コイルに通します。

    DSC_1434

    通りました。コットンを通したら、次は両端の耳を適量にカットします。

    DSC_1435

    カット済み。ここまできたらあとはコットンにリキッドを垂らして、タンクを組み付けて完成です!

    RDAビルド方法:2ポストポールの場合(シングルコイル)

    RTAのビルドに慣れてきたら、リキッドの味がより深く楽しめる、ドリッパーのビルドもやってみたいもの。RDA(リビルダブルドリッピングアトマイザー)を使ってビルドしましょう。まずは2ポストポールから。

    DSC_1441

    2ポストの場合もっとも簡単なのはシングルコイル(1本)にすることです。ポストのネジをゆるめます。

    コイルは先に巻いておきます。

    DSC_1442

    あらかじめ短めにカットしておいたコイルの両足をポストに通します。この時なるべくコイルの形が崩れないように両手を使いながら通していきます。

    DSC_1443

    コイルが通ったら片側のネジを締めてまず固定します。反力でコイルが移動しようとするので、
    ドライバー先端かコイルジグを使ってなるべく抑えます。

    DSC_1444

    コイルの位置(高さ)を調整しながら、反対側も固定します。固定終わったら抵抗値を測定、問題がなければコイルの余分な足をカットします。

    最後にコイル位置を調整したらコットンを通していきます。

    DSC_1445

    適量にカットしたコットンを通して、なるべく塊になりすぎないようにふわっとさせます。(おこのみで)

    DSC_1446

    シングルコイルにする場合は、反対側の余白スペースにもコットンを敷き詰めます。カットしたコットンの余りなどで良いです。

    DSC_1447

    ビルド終了!コットンに適量リキッドを垂らしてベイピング。

    キャップをかぶせる際、コイルのある位置と、トップキャップのエアフローホールの位置を合わせてください。

    なおデュアルコイルにすることもできますがやや難易度があがります。
    2つのポストでお互いのコイル足が接触するとショートしてしまうため、接触しないよう注意する必要があります。

    片側ずつネジを固定してビルドします。

    RDAビルド方法:3ポストポールの場合(デュアルコイル)

    ビルドする前にコイルを2つ分作っておきましょう。デュアルコイルの場合、1つのコイルの抵抗値÷2の抵抗値が適用されますので、結構多めに巻かないといけないことが多いです。

    26G/2.5mmの場合、11巻*2で大体0.25オームくらい。

    DSC_1448

    ポストのネジを緩めて、1個目のコイルをポストのホールに通していきます。

    DSC_1450

    センターポールは固定せず、左だけ先に固定しておきます。(もう1つコイルをつけるため)
    なおこの時、左に寄りがちですのでなるべく中央めに寄るよう意識してください。

    DSC_1451

    1個目のコイルを通したところ。次は2個めのコイルを通していきます。

    DSC_1453

    中央は固定されていないので、そのまま通します。左側は先ほどと同じように固定してしまいます。

    固定が終わったら余分な足をカットして、抵抗値を計測します。(重要)

    DSC_1454

    ここでショートしているかどうかを確認します。中央のコイル足が接触しあっているとうまく抵抗値が測れないはずです。

    はじめのうちは出来る限りDSC_1455ドライバーンさせて、セラミックピンセットでコイルの整形と、最終的な位置決めをします。

    次にコットンを通します。

    DSC_1456

    DSC_1457

    2つ通し終わったら、適宜カットします。目安としてデッキの縁を少し超えるくらいで切ると調度良いことが多いです。

    DSC_1458

    リキッドをドリッピングします。

    DSC_1459

    それぞれのコイルの横にエアホールが来るように(穴がついているモデルの場合)蓋をして、完成です!

    RDAのビルド方法.4本ポストデッキ紹介(デュアルコイル)

    DSC_1461

    3本ポスト(ポール)と違い、4本並んでいるので中央1つと左右のいずれかにコイルを2つ以上つけることができるのが4本ポスト。同じポストに複数のコイルを通さないため、ショートの心配がかなり減ります。
    クアッドコイルもやりやすい。

    RDAのビルド方法.ベロシティスタイルデッキ紹介(デュアルコイル)

    DSC_1460

    ベロシティスタイルデッキはネジが横についていて手前と奥の中央にコイルを設置するスタイルです。
    初心者でもビルドがやりやすく、ネジを緩めて右上、左上(逆でもOK)にコイルを通していきます。

    パラレル(並列)ビルド

    DSC_3680
    このようにワイヤーを折り曲げて2本並列/均等にビルドするのをパラレル(並列)ビルドといいます。

    2本にすることでかなりバネ反力がきつくなります。写真のものは26AWGのカンタルワイヤーを使用しています。巻くときにジグに対して引っ張り目にきつく巻いていきます。

    DSC_3683

    まき終わったらデッキに固定します。

    DSC_3684
    抵抗値計測をして0.3オーム以上にはなるようにしておきましょう。

    おまけ.ガンクの除去方法

    リキッドの種類にもよりますが、一定期間同じコイル、コットンで吸い続けているとリキッドのカスがコイルにたまって付着して味が落ちる原因となります。この物質をガンクと呼び、
    同じコイルを使うにせよガンクの除去は定期的に行う必要があります。

    DSC_1421

    ガンクで汚くなったコイルとコットン。まずはコットンを外します。

    DSC_1422

    余分なコットンのカスは燃えてしまうので、なるべく取り除きましょう。
    ドライバーン台がある場合はそのままFireしてコイルを赤熱させます。
    MODの場合はVWモードかバイパスモードで。
    VWモードなら10W以下の設定でパフボタンを押して赤熱化させます。

    DSC_1423

    赤熱化したらセラミックピンセットを使ってガシガシコイルをこすります。そうするとカスがボロボロ落ちます。

    ある程度落ちてもう落ちなくなったら、終了です。

    汚れが気になる方はこの後、デッキやタンクをぬるま湯、超音波洗浄機などで洗ってやるといいでしょう。

    【初心者向け】初めてのコイルビルド その1 ツールを用意しよう

    【初心者向け】初めてのコイルビルド その2 シングルコイル

    【初心者向け】初めてのRDA【準備編】 - vape道~初心者VAPERの備忘録~

    Vape Revo -煙霧追求記- これだけでVAPEは楽しめる!~ビルド編~

    初めてのチタンワイヤーでビルド&温度管理 - 電子タバコのレビューブログ|VAPE BEGINNER
    これでビルド用品はバッチリ!COIL MASTER V2ツールキット - [VAPE RECORD]NEW

    初心者による初めての見よう見まねビルド - Vapeの沼で右往左往
    パラレルコイルなビルドに初挑戦してみた結果 - vape道~初心者VAPERの備忘録~
    コットンを交換してみよう![ビルド]|VAPE LIFE
    vape初めてのビルド。ちょっと備忘録 - おっさんの挑戦状
    RBA・RDA・RTAの初心者向け情報まとめ。 - 電子タバコ初心者のチラシの裏

    動画

    購入

    Geekvape 521 Master Kit V2
    Geekvape 521 tab mini
    GeekVape 多機能セラミックピンセットV2
    Youde UD Goblin Mini V3 RTA
    Youde UDエクステンションチューブGoblin Mini V3用(2ml)
    WOTOFO Serpent RTA
    Geek Vapeシンプルツールキット
    Geek Vapeマスターツールキット
    Geek vape 521 Tab
    Heatvape Coil Master Coiler 5-in-1
    UD 130mm Precision Cotton Pick Hook(コットンフック)
    コイルジグ1.5/2/2.5/3/3.5mm
    Coilmaster VAPEバッグ

    随時更新中

  • 共有:

    スポンサーサイト


    関連記事

    関連商品

    VAPEJPほしいものリスト

    Amazon.co.jp: VAPEJP: ほしい物リスト
    VAPEJPさんのAmazon.co.jpユニバーサルほしい物リスト
    AMAZON.CO.JP

    ブログランキング参加中

    にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
    にほんブログ村

    9 件のコメント:

    1. たっ大変なリクエストしてしまいましたねσ(^_^;)アセアセ...
      私だけでなくこれから始める方にもずっと使える素晴らしい記事有り難うございます。
      2幕3幕・・・楽しみにしております( ̄ー ̄)ニヤリ  (イジメじゃないよ?爆

      返信削除
      返信
      1. デュアルコイルまではサポート予定w

        削除
    2. クアッド、ツイスト等々どんどん希望(ΦωΦ)フフフ…

      返信削除
      返信
      1. クアッドとかツイストとかはもう上級者向けになってしまうので(というかむしろ僕が面倒でいやだw)
        やるとしたら別枠でしょうね!Cyaraさん執筆してくれてもええんやで。。

        削除
    3. 謹んでご辞退申し上げ仕りますm(_ _)m

      ただこの頃ね、どこのブログも製品&リキッドで世代と言うか皆さんほぼ同時期のようで初心者用のハウツーバイブルあればな~っと思ったのですよ(先輩方の初期のブログももちろん参考になるのですがセラミックまで行ったり早いじゃないですか業界が)

      TENGAさんに白羽の矢撃ってみました(笑

      返信削除
      返信
      1. まあ最新を追いかけている感じですからね~
        確かに初心者用のバイブルは必要かなって。ジブンもがっつりまだまだビギナーですからねー。勉強しながら執筆する感じで。

        クアッドそういや面倒で組んだことないや...笑

        削除
    4. 質問なのですがGenesisのステンメッシュの場合メッシュの番号はどのぐらいが良いのですか?あと芯メッシュだけとかステンワイヤーの周りにメッシュとかどれが良いのでしょうか?(^_^;)もうすぐ初のGenesis系届くので教えて下さい(コットン使えとか言わないでね><)

      返信削除
      返信
      1. すんませんッメッシュ使ったことないっす!!ww
        あとGenesisも使ったことないっす!;;
        むしろ教えて下さい...

        削除
    5. ttps://www.youtube.com/watch?v=HehAW_srhck

      スペースドコイルで良さげなの?があったので貼っときますw

      返信削除

    ハロー、ベイパー。よかったらコメントしてね(^。^)y-.。o○

    日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
    読込中...

    TRANSLATE

    注目の投稿

    【フィリピンアトマ】Adler industries Mikro tank動画レビュー!【ADLER/ハイエンド高スペックRDTA!!】

    おはこんにちこんばんは。 みーくんことM!Zですよ。 今回はAdler industriesから発売中のMikro tankのレビューです! 提供なし自腹のレビューになります。 スペック 直径22mm 高さ27mm RDTA 1.5ml   付属品・仕様ドリップチップ3...

    にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
    にほんブログ村 電子タバコランキング参加中!ポチっと「やる気スイッチ」押して応援。

    電子タバコアンテナ

    カテゴリ

    記事一覧