日本でも保険で電子タバコが吸える日が来る?電子タバコが禁煙補助薬として英国で認可される ~ VAPE JP

2016年1月6日水曜日

日本でも保険で電子タバコが吸える日が来る?電子タバコが禁煙補助薬として英国で認可される

3-1

ハロー、ベイパー。

日本では現在のところ禁煙外来に行くとチャンピックスが支給されますが、
禁煙を志す人の中には電子タバコを禁煙の補助とできないかと考える人も多いでしょう。僕もその一人でした。

ただ、現在のところ電子タバコは日本国内では嗜好品であり、実体験として禁煙、節煙できたというユーザーは多いものの、法整備や医療品として考えられていないのが現状です。

そんな折、英国で電子タバコ(Vape)が禁煙補助薬として認可されるという事態が起こりました。
これは大ニュースではないですか。

英国の医薬品規制機関は、禁煙を補助する薬になるとして電子タバコを認可した。こうした製品が、英国で医薬品として認可されるのは初めてだ。

これは何を意味するかというと、英国の国民保険サーヴィス(NHS)が、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社(ロンドンに本社を置く、世界第2位のタバコ製造販売企業)製の電子タバコ「e-Voke」を、タバコをやめたいという患者に対して処方することを認めるということだ。

医薬品・医療製品規制庁は1月4日付けの声明で、「電子タバコなどの、適切な安全基準・品質・効能を満たす、認可された薬効あるニコチン含有製品を利用することで、喫煙による健康被害を減らす助けとしたい」と述べた。

ニコチンを含む液体を加熱し、蒸気にして吸い込む電子タバコは、約200万人の英国成人が利用している。その安全性については以前から議論があり、安全ではないと異を唱える研究もいくつかある。

イングランド公衆衛生局による研究(PDF)では、電子タバコは「一般的なタバコと比べて、95パーセント害が少ない」とされたが、医学雑誌『ランセット』は「エヴィデンスに乏しい」としている。

また、医学雑誌『オーラル・オンコロジー』2016年1月号に発表された研究によると、電子タバコの蒸気は、DNAに害を及ぼしたり、さらには人間の細胞を破壊する可能性があるという。

関連記事:タバコは喫煙者「3人に2人」の命を奪う、という大規模調査の結果

もし日本でも、禁煙補助薬として認定されたなら、保険適用で電子タバコが安く入手できる日が来るかもしれませんね。

が、ニコチンの問題があるので税金面や規制、既得権益など様々な障害がありそうですけれど。

珍しく明るいニュースでしたし、最近、禁煙外来に行ったばかりだったので取り上げてみました。

ソース:電子タバコ、「禁煙補助薬」として認可される:英国

共有:

スポンサーサイト


関連記事

関連商品

VAPEJPほしいものリスト

Amazon.co.jp: VAPEJP: ほしい物リスト
VAPEJPさんのAmazon.co.jpユニバーサルほしい物リスト
AMAZON.CO.JP

ブログランキング参加中

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

0 コメント:

コメントを投稿

ハロー、ベイパー。よかったらコメントしてね(^。^)y-.。o○

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
読込中...

TRANSLATE

注目の投稿

【リキッド】MOEN JUICE新製品!「Morning Pusher」「Hip Bomb」「Love Maccho」レビュー。リニューアルDE登場。かわいらしい美少女グラフィックで萌え?【MADE IN JAPAN】

ハロー、ベイパー。 MADE IN JAPANのリキッドは数あれど、”萌え”を追求したリキッドは数少ない。そんな萌えリキッドの最高峰?「moen Juice」の新製品(リニューアルバージョン)が3本リリースされます! かわいい美少女グラフィックと美味しいリキッドを楽しめる一...

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村 電子タバコランキング参加中!ポチっと「やる気スイッチ」押して応援。

電子タバコアンテナ

カテゴリ

記事一覧